カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ネットショップにおける割引制度の廃止について
ポイントについてのお知らせ
商品の販売について
領収書の発行について
お買い物の流れ
【重要】当店からのメールが届かないお客様へ
メルマガ登録・解除はこちら
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
自然災害時等におけるスタッフの安全確保のため、臨時休業する場合がございます。

016年8月 初公開! 先読み大明神の徹底、使える銘柄選定奥義【銘柄選びの極意・その3・最終回】
型番 5212
販売価格

8,640円(本体8,000円、税640円)

購入数


2016年7月21日発売
“先読み大明神”大岩川源太の負けない投資の鉄則シリーズ
初公開! 先読み大明神の徹底、使える銘柄選定奥義【銘柄選びの極意・その3・最終回】
リターンを確保したいなら、来る銘柄を選ばなければ駄目だ! デイトレにも使える源太流銘柄選び虎の巻



「銘柄選びの極意」シリーズの最終回。

銘柄が選べ、絞り込めなければ投資を語ることは出来ない。
当然、リターンを確保することすら覚束ない。世界の成長が限られている現在、相場はますます予想不能な動きと
なる可能性が高い。短期的には、新興市場のリード銘柄群の主役交代もあり得る。

新興市場の銘柄選択から多くのことが分かる。これまでの銘柄選択の基本は、群で上がっているように見えて、実は個別の物色がたまたま群としてスポットライトを浴びている構図だ。
それを示すように〈フィンテック〉という群や〈バイオ〉という群に属する銘柄ならどれでも上昇しているかというと、そうではないのだ。

しかし、今後も新興市場のバイオ、IT企業の将来を買うグロース投資(成長株投資)は投資の主流を続けるだろう。
群で買うのではなく、たまたま、個別で買っていたものが群で買われていたように見えただけなのだ。

このことから分かるのは、今後「来る」銘柄も、群ではなく個別で爆騰、一人道を行く可能性が高いということだ。

やはり、投資は個別株の選定が肝心だ。先読み大明神・源太が銘柄選別の極意、奥義を開示する。
(DVD およそ50分)


※一度のお買い物で複数の商品をご注文いただいた場合、発売日(発送開始日)が最後の商品に合わせて一括で発送させていただきます。
早めの発送(個別の発送)をご希望の方は、別々にご注文(カートに入れて)ください。


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する