カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ネットショップにおける割引制度の廃止について
ポイントについてのお知らせ
商品の販売について
領収書の発行について
お買い物の流れ
【重要】当店からのメールが届かないお客様へ
メルマガ登録・解除はこちら
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
自然災害時等におけるスタッフの安全確保のため、臨時休業する場合がございます。

2017年1月号 なぜ産油国の減産合意が成立したのか?/日経平均株価は今年2万4000〜5000円が狙える!
型番 5328
販売価格

5,400円(本体5,000円、税400円)

購入数


2017年1月13日発売
金森 薫の世界情勢マンスリー
2017年1月特集号
なぜ産油国の減産合意が成立したのか?/日経平均株価は今年2万4000〜5000円が狙える!


〈なぜ産油国の減産合意が成立したのか?〉
サウジは脱オイル経済とその先の中東の盟主構想という大転換を打ち出したが、湾岸産油国の窮状を見て妥協したというのが減産合意の主因のようだ。アメリカ大統領選挙直後から始まったドル高、株高、金利上昇の動きで世界的な経済成長への兆しを読み取った面もあろう。トランプ次期政権は中東離れを示唆する中、サウジは今後、どのように中東主導権を強めようとしているのか? 独自の視点で詳しく読み解く。

〈日経平均株価は今年2万4000〜5000円が狙える !〉
一方、11月9日以降の「トランプ・ラリー現象」は世界経済の新たなトレンドの始まりとの見方が出てきた。そのことは、FRBやECBそして日銀のスタンスにも示唆されている。期待インフレ率も急に上がり始め、中国の景況安定見通し、アメリカの7-9月のGDPの高い伸びなどから企業の心理も変化しつつある。これらの諸条件を踏まえ、株式市場の今後の動向と、日経平均2万5000円への道筋を探る。

投資家の指針として、ビジネスパーソンの必須アイテムとして格好のCD。(2017年1月6日収録・CDおよそ60分)


【ご注意】一度のお買い物で複数の商品をご注文いただいた場合、発売日(発送開始日)が最後の商品に合わせて一括で発送させていただきます。
発売中の商品を早く入手されたい方は、別々にご注文(カートに入れて)していただき、個別にご決済ください。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する