カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ネットショップにおける割引制度の廃止について
ポイントについてのお知らせ
商品の販売について
領収書の発行について
お買い物の流れ
【重要】当店からのメールが届かないお客様へ
メルマガ登録・解除はこちら
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
自然災害時等におけるスタッフの安全確保のため、臨時休業する場合がございます。

2017年3月号 トランプ政権の特異性と勘所・その2 バノン大統領首席戦略官が政権の鍵
型番 5369
販売価格

5,400円(本体5,000円、税400円)

購入数


2017年3月10日発売
金森 薫の世界情勢マンスリー
2017年3月特集号
トランプ政権の特異性と勘所・その2 バノン大統領首席戦略官が政権の鍵


1月28日以降、トランプ政権の中で急速に権力がスティーブ・バノン戦略官に集中し始めた。
もともとトランプ陣営の選挙対策本部責任者としてトランプ氏が直々に協力を要請した人物だが、それまでの劣勢を終盤で見事に挽回しただけに、当初は論功行賞的なホワイトハウス入りと思われていた。

ところが、NSC(国家安全保障会議)の常任メンバーに格上げされ、ジャレッド・クシュナー上級顧問とともに、ホワイトハウス内の権力構造のトップとして台頭してきた。

この動きに対し、ヘリテージ財団上層部、保守主義の共和党主流派グループがようやく腰を上げ、政権内主導権奪還に動き始めた。
しかし、巧妙にも、彼ら側近グループは局長級以上の官僚(政治任官)候補提出を遅らせ、且つ15人の閣僚ポストがまだ6人も承認されていないことを利用し、ストレートに大統領令・覚書、政策立案を作成し始めている。

このままでは、トランプ大統領自身が振り回され、ホワイトハウスも議会も機能しなくなる危険性が出てきた・・・。

これまでの推移とバノン首席戦略官が鍵を握るとみられる今後のトランプ政権の行方を鋭く展望します。

投資家の指針として、ビジネスパーソンの必須アイテムとして格好のCD。(2017年3月7日収録・CDおよそ60分)


【ご注意】一度のお買い物で複数の商品をご注文いただいた場合、発売日(発送開始日)が最後の商品に合わせて一括で発送させていただきます。
発売中の商品を早く入手されたい方は、別々にご注文(カートに入れて)していただき、個別にご決済ください。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する