カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ネットショップにおける割引制度の廃止について
ポイントについてのお知らせ
商品の販売について
領収書の発行について
お買い物の流れ
【重要】当店からのメールが届かないお客様へ
メルマガ登録・解除はこちら
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
自然災害時等におけるスタッフの安全確保のため、臨時休業する場合がございます。

【DL版】2017年4月号 トランプ政権の特異性と勘所・その3 結束が早くも乱れ始めたトランプ政権
販売価格

4,860円(本体4,500円、税360円)

購入数


当コンテンツはパソコンのみの販売商品です。携帯電話、スマートフォンでは購入できません。

2017年4月15日配信開始(mp3形式)
金森 薫の世界情勢マンスリー
2017年4月特集号
トランプ政権の特異性と勘所・その3 結束が早くも乱れ始めたトランプ政権


3月27日に注目すべき2つの発言・報道があった。
1つは3月24日に採決を断念したオバマケア代替法案に関し、トランプ大統領が赤裸々な非難をしたこと。
もう1つはニューヨークタイムス紙が米当局者の話として、クシュナー大統領上級顧問が、政権移行期にロシア国営対外経済銀行(VEB)の頭取と面会していたと報じた件である。
この2つの出来事はトランプ政権が大きく揺らぎ始めたことを意味している。

3月20日には、ロックフェラー財閥の頂点に立ってきたデービッド・ロックフェラー氏が死去。
米国では「これで名実ともにグローバリゼーションは終わりを告げた」と断言する専門家・学者も多いが、果たして「アメリカ・ファースト」の時代が本当に始まるのか?あるいは巻き戻しへの動きが早まったのか?

独自の視点から、米国経済とトランプ政権の今後を鋭く読み解きます!
投資家の指針として、ビジネスパーソンの必須アイテムとして格好のCD。(2017年4月11日収録・およそ60分)


※イメージはCD版のパッケージとなります。収録内容はCD版と同一です。

【ダウンロードの手順】
*コンテンツをカートに入れて進むと、ネットショップの仕様上「配送方法」として佐川急便/ヤマト運輸が表示されますが、いずれかを選び決済画面へお進みください。実際に送料は請求されません。
*クレジットカード決済が完了すると、音声コンテンツのダウンロードリンクが表示されますので、そこから音源をダウンロードしてください。


【ご注意】
ダウンロードしたコンテンツの2次配信を硬く禁じます。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する