カートの中身を見る

» カートの中身を見る

ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ネットショップにおける割引制度の廃止について
ポイントについてのお知らせ
商品の販売について
領収書の発行について
お買い物の流れ
【重要】当店からのメールが届かないお客様へ
メルマガ登録・解除はこちら
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
自然災害時等におけるスタッフの安全確保のため、臨時休業する場合がございます。

【DL版】2017年5月号 北朝鮮を巡るアメリカ・中国・ロシアの動き
販売価格

4,860円(本体4,500円、税360円)

購入数


当コンテンツはパソコンのみの販売商品です。携帯電話、スマートフォンでは購入できません。

2017年5月13日配信開始(mp3形式)
【DL版】金森 薫の世界情勢マンスリー
2017年5月特集号
北朝鮮を巡るアメリカ・中国・ロシアの動き


日本のマスコミ報道では、連日のように金正恩委員長、軍事パレード、そして空母カールビンソンの画像が映し出され、軍事評論家やジャーナリストばかりかタレントまでが議論に参加している。
しかし、本当に軍事的に危険な状況に突入しているのであれば、在韓・在日のアメリカ人に帰国命令が発布されるであろうし、韓国への渡航禁止や韓国・日本・中国への旅行制限、韓国軍の最高警戒態勢指示、韓国・日本のアメリカ軍基地・施設の慌しい動きは当然のことだ。それがないのであれば、あわてる必要はない。

一方で北朝鮮の記念日リスクが過ぎると何事もなかったの如く、報道は消え去る。
本当は関係各国がどう動き、どのようなシナリオが想定されているのかを粘り強く、詳細に分析した報道をするべきなのである。

大統領選挙後の韓国の政治体制、極めて重大な秋の党大会を控えた中国、拉致問題を抱えた日本、北朝鮮と利害を
深めるロシア、そして方針が定かでないが先制攻撃を抑制し、金体制の転覆を避けようとするアメリカの現状と展望、こうした全体像を踏まえた上での北朝鮮の出方について、独自の理論と情報網で、詳しく解説します。

投資家の指針として、ビジネスパーソンの必須アイテムとして格好のCD。(2017年5月9日収録・およそ60分)

※イメージはCD版のパッケージとなります。収録内容はCD版と同一です。

【ダウンロードの手順】
*コンテンツをカートに入れて進むと、ネットショップの仕様上「配送方法」として佐川急便/ヤマト運輸が表示されますが、いずれかを選び決済画面へお進みください。実際に送料は請求されません。
*クレジットカード決済が完了すると、音声コンテンツのダウンロードリンクが表示されますので、そこから音源をダウンロードしてください。


【ご注意】
ダウンロードしたコンテンツの2次配信を硬く禁じます。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する