「新装版 正法眼蔵に学ぶ」 紀野一義
型番 4260
販売価格

16,200円(本体15,000円、税1,200円)

購入数


800年ほど前、曹洞宗開祖の道元禅師が越前の地に於いて記した哲学書「正法眼蔵」。
その全九十五巻に及ぶ大著の中から十章を抜粋して解説。
禅とは何たるか、という教科書的な解説ではなく、道元がいかなる精神の人であったかということ、そして仏教書の域を超えた哲学書としての深さ、文学としての美しさについて、紀野一義師が魂を込めて語る熱講10時間!

当CDは小難しい哲学講義と考えるなかれ。私たちの遺伝子に眠る日本人性、死生観、仏教徒としての歴史を呼び覚まし、聴く者の胸を突き刺す名講義十講です。

第一講  唯佛与佛の巻
第二講  公明の巻
第三講  虚空の巻
第四講  谿声山色の巻
第五講  諸法実相の巻
第六講  山水教の巻
第七講  現成公案の巻
第八講  仏性の巻
第九講  有時の巻
第十講  生死の巻・道心の巻


■80頁の解説書つき。
■メディア:CD約60分 10枚組
■出 演 :紀野一義(仏教学者、作家)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する