聴く新書 黒澤明 音の世界
型番 3996
販売価格

2,700円(本体2,500円、税200円)

購入数


映画づくりに捧げる巨匠のこだわり・・・それは映像、役者、セットなど多岐にわたるが、音楽など、音へのこだわりもまた計り知れないものがある。
黒澤は言う!「映画に一番近い芸術は、音楽である」
「黒澤明 音の世界」は、黒澤映画に秘められた、音楽や効果音との関係について解き明かし、昭和61年度大きな話題を集めた、秘蔵ラジオ番組の復刻版です。

【内 容】
1 「乱」
   プロローグ・映像かける音
2 「酔いどれ天使」
   映像と音楽のコントラプンクト
3 「野良犬」
   サスペンス・シーンのコントラプンクト
4 「七人の侍」
   ライト・モチーフと早坂文雄の死
5 「用心棒」
   三十郎はブルドーザー
6 「椿三十郎」
   斬殺音の創造
7 「天国と地獄」
   音による大胆なシナリオ設計
8 「羅生門」
   レコードで示す音楽イメージ
9 「赤ひげ」
   モデルは第九交響曲だった
10「乱」
   マーラー的悲愴美への傾斜
11「乱」
   エンディング・東洋的無常観

出演:黒澤 明 武満 徹 佐藤 勝 三縄一郎
ナレーション:鈴木瑞穂
構成・取材 :西村雄一郎
(収録時間 58分)

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける
レビューを見るレビューを投稿する